2児の母時々アロマコーディネーター

アロマコーディネーターで2児の母が、より幸せな人生を送るために、ああでもないこうでもないとジタバタしている毎日を綴るブログです。

アロマで認知症予防

先日もチラッとお話したかもしれませんが、アロマの香りを嗅ぐと、香りの成分は鼻粘膜から取り込まれ、血液に乗って体中を巡ります。それと同時に、香りの刺激は電気信号に変えられ、嗅神経を通って脳へ送られます。脳の中でも、感情や記憶を司る部位を刺激するのです。また、自律神経、ホルモンの調節を行っている部位にも伝わります。

 

このように、香りは体中を巡って身体的に影響を与えるだけでなく、脳の働きにも影響を与えているんです。すごくないですか?私は、たったの数年前まで、アロマセラピーって、いい香りに包まれてリラックス~幸せ~♡ってだけのものかと思っていました。もちろん、それもアロマの大事な効用だと思いますが(#^^#)、それだけでなく、本当にいろんなメリットがあるんですよ。

 

認知症アロマセラピーが効く!という話を耳にした事がありませんか?

鳥取大学教授の浦上克哉先生という方が研究して、見事に結果が出ています。

(↓研究発表のスライドですが、認知症についても分かりやすくまとまっていました。興味ある方は読んでみてください。)

http://www.cjrd.tottori-u.ac.jp/seeds_cgi/files/20110509135656_pdffile02.pdf

 

これまでは、認知症を発症すると、脳の中の記憶を司る海馬(かいば)という部分がダメージを受ける、と考えられていました。ところが、最近になって、アルツハイマー認知症では、海馬に直接つながっている、嗅神経(きゅうしんけい)という、嗅覚を司る神経が、海馬より先にダメージを受けることが分かったのです。嗅神経のダメージが海馬に伝わり、その他の脳の部位にも影響し、認知症が悪化する、という事が判明したのです。ただし、 嗅神経はもともと他の脳神経より再生能力が高く、適切な香りによる効果的な刺激で、機能が回復しやすいのだそうです。

 

そこで、浦上先生は、どのような香りがいいのかを分析し実験を繰り返したところ、なんと、認知症治療薬を使用した時とほぼ同等の効果が得られる組み合わせを発見しました。

 

それが、ローズマリーカンファー、レモン、真正ラベンダー、オレンジスィートの4種類の香りです。

時間帯によって使い分けもします。

 

ローズマリーカンファー2滴+レモン1滴
午前中に2時間以上
(アロペンダントがオススメです、後で説明しますね) 

 

真正ラベンダー2滴+オレンジスィート1滴
を、就寝の少なくとも1時間前から開始、2時間以上継続。

(ディフューザーという機械があればベストですが、なければティッシュに垂らして枕元に置くだけでもいいと思います)

 

この割合が一番効果的だそうです。ちなみに、アルツハイマー以外の認知症の方には効果はなかったとの事です。また、劇的な改善は、認知症予備軍の方に多くみられます。
体の病気と一緒で、予防することが大事なんですね。私も物忘れがひどいので、さすがに認知症ではないと思うのですが💦自分でも実験してみようと思います。脳にいい刺激を与えてくれるはずなので☆

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アロマの香りが認知症を予防・改善する [ 浦上克哉 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/12/7時点)


 

↑浦上先生はこういう本も出されています。私も読んでいないのですが💦近々ちゃんと読んで勉強します☆

 

 アロマペンダントがオススメと言いましたが、これこそ、本当に気軽にアロマセラピーを楽しめるグッズだと思います。だって、ペンダントの蓋を開けて、中のフィルター?にアロマオイルをポタポタっと垂らし、それを身に着けているだけでいいんですよ~☆

香水ほどの存在感はないですが、ふわ~っと香って、幸せな気分になれます。認知症予防だけでなく、普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

↓これは、私が使っている物です。


 

ちなみに、こういうアロマ用のペンダント、どうやら最近100均でも売っているそうです( ゚Д゚) まずはそれでお試ししてみてもいいかも~(笑)

 

 


 

↑これも、私の大好きな生活の木の商品です。認知症予防には一本足りなーい💦どれにしようかな~って選ぶのがワクワクしますね♪

 

 


 

↑こんな安いの見つけてしまったー!安すぎて大丈夫なのか…?と思いましたが、ちゃんと成分分析表(これは私の中では必須です!)がついてきて、無農薬の材料を使っているようです。