2児の母時々アロマコーディネーター

アロマコーディネーターで2児の母が、より幸せな人生を送るために、ああでもないこうでもないとジタバタしている毎日を綴るブログです。

生理痛を和らげるアロマ

今日は、女性限定の内容になってしまうのですが…


私は、生理痛がとてもひどいです。



子供を出産する前は特にひどくて、一睡もできないなんて事もよくありました。
鎮痛剤は必需品で、必ず持ち歩いていました。幸いにも生理周期は大体安定していたので、生理予定日が近づくと1日2回、まだ始まってもいない生理のために予防的に鎮痛剤を服用していました。私の場合、痛みが始まってから飲むのではもう手遅れ…という感じで、そういう場合は結局のたうち回るほど痛くなってしまったからです。
婦人科に受診しても異常は見つからず、「生理痛がひどい体質」という事で、このまま閉経するまでこの痛みと付き合っていかなくてはならないのか…と思っていました。

f:id:aromanurse:20161210231224j:plain



それが、出産してからは、大分マシになったんです。下の子が2歳くらいまでは、なんとなく痛いかな…?くらいで、鎮痛剤も、一時期全く飲まなくてもよくなり、 あ~これであの痛みからは一生解放されたんだ~✨ラッキー✌ と思っていたのですが… それが、1,2年前からまた、だんだんひどくなってきてしまいました?

独身の頃みたいに、予防的にお薬を飲むほどではないのですが、それでも生理がくる度に、1回は鎮痛剤を使用しているかな、という感じです。
今日も、早朝に生理が始まると同時にひどい腹痛で目が覚めました。まず鎮痛剤を飲んでまた横になったのですが、動き始められる程度に治まるまでに、2時間ほどかかりました。

それからは、子供と外出したり買い物に行ったりしていたので、気が紛れていたのですが、帰宅した途端に、 ああ…やっぱり痛い…薬飲みたい…となりました。

が、

しっかりしろ、アロマコーディネーター!

と、自分に喝を入れました。

私が資格を取った、
www.jaa-aroma.or.jp
では、アロマコーディネーターを、次のように定義しています。

花や草から生まれる香りのエッセンスの知識をもとに、自然の香りに親しみ、愉しみながらより豊かなライフスタイルを《提案・実現》できる人

独身の頃の癖でとりあえずお薬飲む、ではなくて、考えられる余裕がある時はちゃんと考えよう、豊かなライフスタイルを実現するために✨そう思いました。

生理痛の天敵は、何と言っても、冷えですよね。
まず、暖かいお風呂に入り…
体が温まったところで、ホホバオイルにラベンダーの精油を混ぜ、下腹部と腰の辺りをマッサージしました。
それから暖かい恰好をして、のんびり過ごしていたところ…

生理痛が大分楽になりました✨

ここで、私がオススメしたい精油(=アロマオイル)が、ラベンダーです。

f:id:aromanurse:20161210231838j:plain

ラベンダーって、万能精油と言われているんですよ。
主な作用としては、循環器系の鎮静(高血圧、頻脈)、殺菌消毒、抗ウイルス、
鎮痛、利尿作用、デオドラント作用、それから心を穏やかにさせる作用もあります。

基本的に精油は、原液での使用はできませんが、ラベンダーは例外とされています。今日私は腹部~腰部の広い範囲に塗布したかったのでホホバオイルに混ぜましたが、頭痛などの際は、原液をこめかみに1滴すりこむと、痛みが和らぎますよ。歯が痛いのに歯医者が開くまでまだ時間があるし…という時には、歯茎に1滴塗っておくと、一時的に痛みが楽になります。

擦り傷や火傷にも使えますし、虫刺されのかゆみ止めにも役に立ちます。
美容にもいいので、私は手作り化粧水にもよくラベンダーを使います。
なんて使い勝手がいいんでしょうか?

そして、なんと言ってもいい香り♡この香りを嫌いな人は少ないんじゃないでしょうか。

↓この、プラナロムという会社の精油は、最高品質です。どのアロマコーディネーターに聞いても、間違いない!という答えが返ってくると思います。ここの商品は、ちょっとお高めなんですが、ラベンダーのように原液で使用したり、直接肌に塗布して使用する場合には、絶対安心できる商品です。


                                                                                                                                     ここまで力説しておいて、なんですが、アロマセラピーにも限界があります。本当に痛くて我慢できない時には、内服薬に頼ればいいと思います。 痛みを我慢するのって、かなりのストレスです。月に1回や2回、使用方法を守って鎮痛剤を飲むくらい、メリットはあってもデメリットなんてほぼありませんので。私も今日ラベンダーで痛みが治まったので、こうしてブログが書けているのですが、治まらなかったら迷わずお薬飲むつもりでした。私が痛みでうずくまっていたら、子供たちも心配するし、家族みんなにとってマイナスなので。できれば、薬に頼らないで生活できたらいいよね~って軽い感じでこれからもお伝えしていけたらいいなと思います。